代表的なチェーンの種類

[image: チェーンネックレス]




ネックレス、ブレスレット、アンクレットなどで使用されている代表的なチェーンの種類をご紹介致します。





目次

- 1 ボールチェーン
- 2 カットボールチェーン
- 3 アズキチェーン
- 4 カットアズキチェーン
- 5 小判チェーン
- 6 ベネチアンチェーン
- 7 スネークチェーン
- 8 喜平
- 9 スクリュー




ボールチェーン







金属製のボールが連なったデザインのチェーンです。ボールとボールの間に短い棒パーツがあり、
「かしめ」て連結した構造です。



キーホルダーやウォレットチェーンなどにも使用されている事が多いです。
ボールが連なっている為、コロコロと可愛い、優しい印象を与えてくれます。



ただ、他のチェーンに比べると強度は弱いです。コマとコマが溶接されているのではなく、
「かしめ」ている作りなので、普通にお使いいただくのであれば問題ございませんが、
引っ張る事によりボールの穴部分が広がり外れやすくなります。



何度も何度も修理する事はお勧めできません。

かしめる方法、溶接、レーザー溶接など様々な修理方法がございますが、
修理するのは難しいチェーンです。






カットボールチェーン







上記で紹介させていただいたボールチェーンのボール部分をカットして面があるチェーンです。

動く度にカットされた面がキラキラ光りペンダントトップを際立たせる名脇役です。

ただ、引っ張る力に弱く修理が難しいチェーンです。






アズキチェーン







丸いコマを連結させた基本的なオーソドックスなチェーンです。

シンプルで流行に流されず、ずっと長く使用できると思います。






カットアズキチェーン







上記で紹介したアズキチェーンのコマをカットして面のあるチェーンです。

繊細で上品漂うデザインです。






小判チェーン



アズキタイプでコマのひとつひとつが平たくカットされております。
その名のとおり小判のようなデザインの為そう呼ばれております。

ひとつひとつのコマがきらきら輝き、あずきチェーンに比べると華やかさがございます。








ベネチアンチェーン







箱のようなコマとコマが連結されておりその名の如く、別名ボックスチェーンとも呼ばれております。



1コマ1コマの平らのボックスの面が美しく輝くスタイリッシュなチェーンです。



丈夫で切れにくいと言われているチェーンの一つですが、切れた場合溶接修理が難しい商品です。

切れた箇所をピンポイントでレーザー溶接が困難で、コマが小さい程難しく

回りのコマにも影響が出る可能性があるので、大事に扱いたいチェーンです。






スネークチェーン







その名の如く見た目がスネーク(蛇)の胴体に似ている事からスネークチェーンと呼ばれております。



チェーンの形は楕円、丸、四角、色々な種類がございます。

とても美しく柔らかな煌きがエレガントです。



切れた場合ロー付け(溶接)修理が難しいです。

コマが細かい為、他のコマにも影響が出て、しなやかさが失われます。






喜平










ネックレス、ブレスレット、リング、ウォレットチェーンと幅広くアイテムの種類があります。

4面平らにした面があれば4面、6面平らであれば6面と言います。
面数が多ければ多いほど、その面が色々な角度から光輝きゴージャス感がよりでます。



また一つのコマに2つコマが通っている物をダブル、
3つ通っていればトリプルと呼ばれコマとコマの隙間が少なくなります。
シングルよりもダブル、ダブルよりもトリプルの方がより重厚感がでます。



ボリュームがある物は男性に人気があります。

細めのタイプでしたら女性にも人気があり、大きめのトップを付け遊び心あるスタイルがお勧めです。

海外のヒップホップ【hip-hop】アーティストの方で使用されている人も多く、

日本だけでなく多くの人達に絶大な人気があります。流行に流されないのも人気の一つです。



他のチェーンより純度、重さがある物が多くあり資産価値がある為、

使用していない喜平商品があれば当社にお持ちいただければ、想像以上の思わぬ価格が付くかもしれません。






スクリュー









先ほど紹介させていただいたダブルの喜平を、スクリューのように捻った
デザインチェーンです。

上品で面が美しく輝き高級感がございます。

細い物はペンダントトップを通したり、長さ違いで2連、3連で付けたり、
美しくアレンジが出来お勧めです。

ボリュームがある物はペンダントトップ無し、チェーンのみで付けても存在感があり良いです。



チェーンの種類は他にも、さまざまな種類があります。

切子、フィガロ、ヘリンボーン、甲丸、パイプロープなどございます。





いかがでしたか。

基本的な構造とデザイン名称や特徴を少し知っておくと、色々役に立つと思います。

いくつかの種類のチェーンを取り揃えておけば、ペンダントトップは同じでも、
雰囲気を全く変えることができます。



ネットで購入時に検索キーワードでチェーンの種類を入れると検索に引っかかる可能性もあり

お気に入りの作りのデザインも容易に見つかるかも知れません。

ぜひ参考にして、あなたのお気に入りのチェーンを見つけてくださいね。



お売りになるなら是非当店へ。

ペンダントトップがなくても、チェーンのみでもお買い取り可能です。
壊れている物でも買い取り可能です。

修理不可能な物や修理が難しく修理料金が高くなってしまう物など、
一度当店にお気軽にお持ちください。眠っている商品に思わぬ価格付くかもしれません。


↓↓↓↓ここから気軽にアクセス↓↓↓↓